Termite extermination

難しいシロアリ駆除

毎年のように家屋への被害が拡大しているシロアリですが、見つけた場合は早急な対策が必要となります。日本で多くの被害を出しているシロアリは主に3種類おり、ヤマトシロアリとイエシロアリ、アメリカカンザイシロアリが多大な被害をもたらしています。地下から建物に侵入する地下シロアリと、飛来によって侵入し、乾いた木材を加害するシロアリに大分することができます。シロアリが主食としているものは木材です。木材に含まれたセルロースやヘミセルロースという成分を栄養素として生きています。自然界においては、枯れ木や落ち葉などを分解して土に還す役割を果たしているため、重要な立ち位置を持っています。木造住宅に大きな被害をもたらすシロアリですが、目が退化しており音や匂いにはとても敏感です。皮膚が薄くて乾燥しやすいため、光や風、熱を非常に嫌がります。床下などの湿気が溜まりやすく暗くて空気に触れにくい場所は、シロアリにとっては絶好の住処といえます。地表に出てくることが殆ど無いため、人目に触れることは少ないです。シロアリによって家屋が被害にあった事例は、大体が知らないうちに侵食被害にあっていたという場合が多いのです。

シロアリ駆除を行う場合、專門業者に頼むという人が多いでしょう。知識が無い人が駆除しようとすると、時間が掛かってしまったり全てを駆除出来ないことがあり、また新たに被害が出てしまうことがあります。侵食されている木材には、何万匹というシロアリが活動しているため、シロアリ駆除をする場合はこれらすべてのシロアリを全滅させる必要があります。しかし、シロアリとても臆病なので少しの物音などで巣に隠れてしまいます。専門業者に頼むシロアリ駆除は一般的には決して安価な値段ではありません。しかし、住宅を守るためには大切なことなので、多少費用が掛かっても依頼するという人が多いのです。専門業者に駆除依頼を行う場合、不審な業者が多いため慎重な業者選びが大切になってきます。実際にシロアリ駆除を依頼した人などが身近にいる場合には参考にすると良いです。

専門業者へ依頼

害獣被害の中でも、被害件数が多いのはねずみによる被害です。侵入することで家屋に深刻な被害を及ぼすことがあります。電気の配線をかじってしまい火災の原因を作ることがあります。

進歩と更なる改良

害獣の被害が目立ちだしたのはそう古いことではないですが、人間の歴史の中で常に関わってきた害獣はねずみです。ねずみは人間が蓄えた食物に狙いを定め、家屋に侵入してきます。

家屋に寄生した場合

人間の生活に様々な被害を与える害獣ですが、住宅に侵入を許してしまった場合、天井裏などで排泄をすることで家屋に深刻な被害を与えます。ウジやハエの発生する原因になり、衛生面を悪くしてしまいます。

衛生面に注意する

害獣の被害は畑などを食い荒らされた被害がほとんどです。また家屋では屋根裏や床下に何かが住み着いているのではという報告がされています。こうした場合、害獣駆除業者に調査してもらったほうが良いです。

注目の記事